お問合せ ::  045-338-1286 :: 

プローブ・ステーション

プローブ・ステーション

Q: 現在、Summit12000シリーズを使用しています。これにインカーを搭載することはできますか?

A: ポジショナに搭載する形で、インカーをご利用いただくことができます。

Q: カスケード社では、マニュアル・プローバのほかに、セミオートやフルオートのプローバも取り扱っていますか ?

A: マニュアル及びセミオートのプローバを取り扱っております。セミオート・プローバは自動測定に対応しているだけでなく、マニュアル・プローバのようにマニュアルで使用することもできます。

Q: カスケード社のプローバが、他社の製品と違うところはどこですか ?

A: プローバによっても異なりますが、大きく以下の2点が挙げられます。

  • マイクロチャンバー方式により、チャック周辺の遮光・シールド・パージを効率よく実現できること
  • 測定器からプローブまでの接続を、すべてカスケード社から提供し、電気的仕様を保証していること

Q: 以前、プローブカード仕様でS300プローブ・ステーションを購入しました。今後RFプローブ測定用に変更したいと考えていますが、可能でしょうか ?

A: ポジショナやプローブ、ケーブルなどのアクセサリを用意すれば、そのままRF測定用としても利用できます 。

Q: どのようなマニュアル・ステーションを取り扱っていますか?

A: M150シリーズ、SUMMITシリーズ、ELITE300シリーズをご用意しています。被測定物のサイズや種類だけでなく、測定の内容や、遮光/温度/シールドの有無、設置環境などに合わせた内容でご提案させていただきます。

Q: 他社製品との比較表はありますか?

A: ご要求に応じて提出させていただきます。お申し付けください。

Q: 200℃まで測定できるRF測定用ステーションはありますか?

A: Summitシリーズ(温度コントローラ付)とACPの組み合わせで、-65C°~200C°までの高温度測定を行うことができます。

Q: プローブ・ステーションの見積もりをもらいましたが、部品の名前が分かりません。対応した図や写真などはないでしょうか?

A: ご要求に応じて提出させていただきます。お申し付けください。

Q: 導入を検討しています。事前にマニュアルや機器の組合せ情報を入手したいのですが?

A: ご要求に応じて個別に対応させていただきます。

Q: サポートプログラムについて教えてください。

A: 保守契約、延長保証プログラムをご用意しております。詳しくはパンフレットをご参照下さい。ご不明点などございましたらお問合せください。

Q: Nucleusソフトを使用して測定する際、大量のSubsiteを簡単に登録する方法はありますか?

A: WaferMap情報を外部作成し、一気に読み込む方法があります。「WaferMap(Subsite)外部データ読込方法」をご参照下さい。